結局、合格のキメ手は…

特にファイナンシャル知識の無い方がファイナンシャルプランナー(FP)試験を目指す場合、いかに知識を吸収し脳に定着させるかが合格できるか否かを左右します。
また、ファイナンシャルプランナー(FP)試験の合格者が口を揃えて言うことが
「過去問の繰り返しで合格できた」ということ。

つまり、過去問を複数回繰り返すことで不安定だった知識が脳に定着し、
記憶力が向上するということなのです。
ここで、ゲイツという科学者が15歳の学生を対象に行った、
記憶力に関して興味深い研究結果がありますので紹介します。

《学習時間と復習時間の割合による記憶量の差異》

 <学習に費やした時間>

<復習に費やした時間>

<記憶した言葉の平均数>

     100%

0%

65個

      80%

20%

92個

      60%

40%

98個

      40%

60%

105個

      20%

80%

137個

上記の結果から、記憶にとっていかに復習が重要であるかが
おわかりいただけたと思います。
また、一説には、復習による効果は、
復習しない場合の約4倍にも上る
といわれています。
特にファイナンシャル知識のない初心者の方が確実に合格するためには、
過去問による徹底的な復習が必要不可欠なのです!

解答時間をストップウォッチで計測せよ!

もうひとつ、過去問の繰り返し学習がもたらす大きな効果があります。
それは、解答スピードの向上です。
ファイナンシャルプランナー(FP)試験は、学科試験の場合は120分で60問と、
1問あたりに掛けられる時間はわずか2分。
90分で40問が出題される実技試験でも2分25秒です。
なお、実は試験において不合格となる多くの方が
時間制限による無回答がその原因
とのこと。

となれば、必要となってくるのが1問あたりの解答スピード。
この能力は、テキストを暗記するだけでは絶対に身につきません。
過去問を繰り返し行うことで実力が付いてきたら、
次のステップは解答スピードの向上です。
1問を解答する時間をストップウォッチで計測
し、制限時間内の解答を目指す。
これを多く繰り返すことで問題処理能力が何倍にも向上するはずです!